整体/カイロプラクティック/産前産後

妊婦さんのマタニティ整体

「妊娠中に整体を受けていいの?」

妊娠中はホルモンの関係で身体に大きな負担が掛かるようになります。
また、全身の筋肉も少なくなっていますし特に妊娠5ヶ月を過ぎてくると、妊婦さんのお腹は急に大きくなってくるため、腰がそった(そり腰)姿勢になります。これは腰痛の原因にもなり、 脚の付け根が圧迫されて血行が悪くなり、付け根の痛みや足のむくみが出てきて、こむらがえりにもなりやすくなります。

また、体内のホルモンバランスの変化やいろいろなストレスも多くなり、自律神経のバランスを崩しやすく、首肩や背中のコリや痛み、頭痛でお悩みの妊婦さんも多いと思います。
妊娠後期になってくると殿部痛や恥骨痛がひどくなってきたり、尿漏れなどの症状も出てきます。

当院では、そんな妊婦さんの痛みやだるさを取り除きストレスを少なくすることで、少しでも妊娠中を快適に過ごせるようサポートをしていきます。
ただ、「どこの整体でも断られたのに?」「本当に大丈夫?」などの不安はありませんか?

※マタニティ整体を受けた方の声はこちら

※「実際の症例」はこちら

当院のマタニティ整体の施術方針

@安定期に入った16週〜35週の方を対象にしています。

安定期は妊娠5ヶ月(つわりが終わった頃)が目安です。これ以外の時期でもつらい症状がある場合は、いつでもお気軽にご相談ください。

Aうつ伏せでの施術は行いません。

お腹に負担をかけない、仰向けか横になった姿勢(シムス姿勢)で施術していきます。ボキボキといった関節調整はしません。

B身体全体のバランスを整えます。

硬くなった筋肉をしっかりと緩めることが基本です。腰痛や肩こり、尿漏れの改善のための、簡単な体操や姿勢のアドバイスも行います。

当院がマタニティ整体コースをスタートしてから、延1000人以上の妊婦さんの施術実績があり、産婦人科のドクターや助産師さん、看護師さんも妊婦さんとして来院され、「安心できる説明と施術」だと喜んで頂いています。

マタニティ整体を受けることによって、妊娠中のつらい痛みから解放されてストレスも軽減され、快適なマタニティライフを送ることができます。
また、妊娠中から体のバランスを良くしておくことによって出産も安産の方が多く、産後ケアにもスムーズに移ることができます。

マタニティ整体の施術内容

@カウンセリング

現在の体調や痛み、気になる症状についてお話下さい。どんな症状や悩みでも、気軽にご相談ください。
カウンセリング後、身体の状態を説明し、ご理解いただいた上で施術にうつります。

A筋肉の緩和・ストレッチ

横になった姿勢(シムス姿勢)で、硬くなった筋肉を殿部から首肩まで順番にゆるめていきます。
その後、仰向けの姿勢で股関節のストレッチをします。

Bリラクゼーション

仰向けの姿勢で胸から首の筋肉を緩めながら、足の方はエアーマッサージャーで血行促進させていきます。 足のむくみが取れて全身の血行が良くなり、十分なリラックス感が味わえると思います。

Cアフターケア

生活習慣、姿勢改善のアドバイスや自宅でできるエクササイズなどを説明します。

※ゆったりとした動きやすい服装(レギンス、スパッツ等)でお越しください。
お着替えを持参していただいても結構です。

※赤ちゃんやお子さん連れの場合も、当院にはキッズスペースがありますので、お気軽にご相談下さい。

※施術時間は症状によって違いはありますが、50〜60分くらいです。

※「実際の症例」はこちら

※トップページへ