整体/カイロプラクティック/産後の骨盤矯正

産後整体(産後の骨盤矯正)

産後のケアとは?

当院では産後4〜6週間を越えたお母さんを対象に「産後のケア」を実施しています。

産後のケアのことをよく「産後の骨盤矯正」と言われることがありますが、出産によって骨盤がゆがむことはありません。骨盤のゆがみは、産後すぐの生活習慣によるところが多いです。

出産直後はホルモンの関係で、骨盤まわりの靭帯が緩んでいるので骨盤自体はゆるゆるの状態です。 また、全身の筋肉も少なくなっていますし、特に腹筋は弱くなっていますので、出産直後の育児で掛かる負担はより大きなものになります。 育児の動作は、赤ちゃんをベッドから抱き上げたり、入浴、 抱っこなど、ほとんどが前かがみになります。 これらの動作が筋肉に負担をかけ骨盤をゆがませることになり、腰痛や肩こりの原因にもなってきます。

ゆるくなった骨盤は、産後5ヶ月くらいまでに徐々に元に戻ってきますので、それまでにケアしておくといいでしょう。

※産後約1ヶ月は安静第一です。ご家族に協力してもらってゆっくりと体を休めましょう。ただ、症状がつらい場合には、産後すぐでも対処いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

※産後の骨盤矯正を受けた方の声はこちら

※「実際の症例」はこちら

当院の産後の骨盤矯正の基本方針

@全身をしっかり緩めます

痛みやだるさを出しているのは硬くなった筋肉です。当院では深層筋までしっかりと緩めて、軽く楽になった実感を味わってもらいます。

A体の代謝を上げます

産後は筋肉が疲労しているため全身的に代謝が悪くなっています。また、筋肉量も減っていますので基礎代謝も下がっています。 この状態で妊娠中と同じように食べていると体重が戻りません。
当院では全身の血行促進と骨盤周りのエクササイズで体型を戻していくお手伝いをさせて頂きます。

B育児の姿勢改善を重視しています

育児中は授乳が一番体に負担をかけます。15分から20分の間じっとしていますし、それを数時間おきに繰り返します。授乳時の姿勢が悪いとより体に負担がかかり、骨格をゆがめたりもします。
当院では授乳姿勢をはじめとして育児中の姿勢改善を指導しています。

C骨盤ベルトは推奨しません

産後は「すぐに骨盤ベルトをするのが当たり前」のような風潮がありますが、当院では推奨していません。
ベルトを締めるとやはり筋肉が血行不良になります。また、ベルト自体が筋肉の代わりをしているので、ベルト着用を継続すると筋肉が衰えてきます。
体の自然治癒力を生かす意味でも骨盤ベルト無しでの生活をおすすめします。

※あまりにも骨盤周りの痛みが激しい場合は骨盤ベルトの使用をお勧めします。しかし、使用時間は3時間以内にしてください。

産後の骨盤矯正の施術内容

@カウンセリングと検査

現在の体調や痛み、気になる症状についてお聞きします。どんな症状や悩みでも、お気軽にご相談ください。
カウンセリング後に検査をして身体の状態を説明し、ご理解いただいた上で施術にうつります。

A全身の筋肉の緩和

うつ伏せで硬くなった筋肉を足から首肩まで順番にゆるめていきます。
深層筋までしっかり緩めますので体の軽さを実感してもらえると思います。

Bリラクゼーション

仰向けの姿勢で胸から首の筋肉を緩めながら、足の方はエアーマッサージャーで血行促進させていきます。 足のむくみが取れて全身の血行が良くなり、十分なリラックス感が味わえると思います。

Cアフターケア

生活習慣、姿勢改善のアドバイスや自宅でできるエクササイズなどを説明します。

※赤ちゃんやお子さん連れの場合も、当院にはキッズスペースがありますので、お気軽にご相談下さい。

※「実際の症例」はこちら

※トップページへ